足場工事

一側足場(ひとかわあしば)とは、建築現場における足場の構築方法の一種である。建地にブラケットを取り付け、その上に足場板を敷き詰めた一列建地の足場を指す。 「いっそくあしば」と読まれたり、「ビケ足場」と呼ばれることもあるが、この場合の多くは上記の構築方法を採る際に使う、「くさび緊結式足場」と呼ばれる足場の種類のことを指す。 枠組足場や二側足場(二列建地の足場)で足場を組み立てることができない、狭小地で使用される構造である。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

昔は、丸太や竹などによる簡単な設置が主でした。 しかし、昭和に入り鉄製単やクランプによる一側足場に変化して行きました。 そののち、現場での事故が多く発生し、主流は枠組足場へと変化して行きます。 免許制度の無い業種の為、誰でも組める仕組みから免許制度が始まり、安全性を重視した法律が制定され あらゆるメーカーが対策を施し、より作業効率の良い、安全性の高い資材が開発されて来ました。 転落防止や作業性を追求して開発されたモノが、『次世代足場』です。 特にこの30年は 改良に改良を重ね、各メーカーも研究を重ね、足場資材を常に進化させています。 ここ数年では足場の免許制度も厳格になり、常に更新制度がされています。

弊社の施工

ユウケン株式会社では 免許制度や法令を遵守することはもちろん、講習会にも積極的に参加し、常に時代にマッチした施工を積極的に御提案します。 普通車しか通れない様な進入路が狭い現場などもユウケン株式会社にお任せ下さい。 弊社の機動力を活かし、現場に合わせた施工を行ないます。 車が入れない様な現場でも、ご相談下さい。可能な限りお見積りのもと、対応させて頂きます。